荒忠商店

殿の肴

「ふぐの子」は、ふぐの卵巣を塩漬けと糠漬けで熟成させることで毒抜きされることから、「奇跡の発酵食品」と称されています。古くは加賀百万石のお殿様も嗜好したといわれています。

荒忠商店のふぐの糠漬け旨さの秘訣

ふぐの子(ふぐの卵巣のぬか漬け)の製造は魚の内臓除去・洗浄・塩蔵・本漬けの工程で概ね3年を要します。これは木樽にて自然発酵熟成させているため夏を越さないと発酵が進まないことに起因しています。長期にわたり手間暇かけて製造するため、生産量に限りがあり大量生産ができない分、ひと樽ひと樽にしっかりと愛情を込めて製造しています。

ゴマふぐ

石川県がフグの漁獲量日本一ということは意外と知られていませんが、荒忠商店ではその中でも良質で状態の良い天然物だけを厳選して仕入れています。

日本海の
天然ゴマフグ

01

白山の伏流水

霊峰白山
名水を使用

全国でも有名な清酒、「菊姫」「天狗舞」「手取川」は白山の伏流水を利用して醸造されています。荒忠商店も名水百選に選ばれた白山美川伏流水、「大浜の水」を製造工程でふんだんに使用して製造しています。

02

天然塩

「殿の肴」の原料はお魚・米糠・麹・自家製いしる・塩、そして「大浜の水」のみです。そのほか一切の保存料、着色料などの添加物を加えていない「天然のぬか漬け」です。

無添加に
こだわる

03

いしる

秘密の隠し味
いしるのさし汁

「いしる」の原料であるイワシには血栓を防ぐEPA、脳の働きを高めるDHA、老化予防成分のレチノールや核酸、脳神経の働きを高めるナイアシン、アドレナリンの原料になるチロシン、カルシウム、ビタミンA・B2・B6・D・Eなどや鉄分、さらにアミノ酸バランスのよいタンパク質を多く含んでいます。

04

衛生管理 衛生管理

石川県でも数カ所でしか製造・販売を許されていません。荒忠商店は【ふぐ処理資格者免許】【ふぐ処理施設許可】を有し、また、出来上がった糠漬けは、石川県予防医学協会による厳しい毒性検査を受け、毒素が消失したことを確認した後に出荷しています。

万全の衛生管理
認可取得業者

05

加賀百万石の殿様に代々愛された理由

究極の発酵食

石川県特有の湿度の高さが微生物の力を増加させ、発酵を促し、旨味と風味がしっかりと染み込みます。

冬の時期にも微生物たちは消滅することなく、何度も発酵を繰り返えし、どんどん旨味が凝縮します。

木樽

日本酒にあう

日本酒のお供に

自然発酵熟成させることで、余分な水分や臭みが完全になくなり、旨味が凝縮した珍味は日本酒によく合う最高の肴だったことでしょう。

健康食として

発酵食品には植物性乳酸菌がふんだんに含まれます。乳酸菌やビタミンを多く含む麹菌などが多く含まれた、ふぐの子・ぬか漬けは腸内環境をはじめ、体の調子を整える食材として重宝されたと考えられます。

ふぐの子

北前船

北前船とふぐのぬか漬け

江戸中後期、三津七湊の一つにあげられた本吉湊(現美川港)は蝦夷地と大坂を行き来する北前船の中継地で、加賀を代表する港として栄えました。

北海道より運ばれて来た「汐ふぐ」を米糠に漬け込んだことがこんかづけ(ぬか漬け)の始まりと言われています。

その後、加賀藩主代々の保護奨励を受け、魚の獲れない時期や非常時や冬季の保存食として重宝されたと伝えられています。